ホーム > 会社案内 > さわやかの店名

さわやかの店名

さわやかの店名について

さわやか株式会社代表取締役 富田重之

さわやかとは、自然のいきいきとした状態をいいますね。
私たちは「自然」に生かされており、自然の恵みである「食材」から、生きる力をいただいています。

「自然」といっても、大きすぎて、「姿・形」には見えませんが、光・空気・引力などに代表される「無限といえるエネルギー源」に生かされています。これこそ、私たちにとって「潜在している本当の価値」といえますね。
そして自然の豊かな大地からは、「姿・形」に見える牛肉・お米・野菜などの「自然の恵み」に、生きる力をいただいていることがわかります。「自然と人間」のつながりを大切にし、成長していくことを学ぶことができます。

したがって、私たちは誰であっても「食べなければ」生きていくことはできません!「食べる」ことは「生命」を支える「原点」です。「心を元気」に、「身体を健康」に育てていく、大切な「使命」があることが理解できます。

社名・店名の「さわやか」は、「自然」に生かされ、「生きる力」をいただいている「食材」に「感謝の心」を込めて、最大限に活かした、野趣豊かな「愛情料理」を提供し、いきいきと、元気の広がる「ふるさとの店=地域一番店」を実現していくことを「目標」に宣言をした、「プラス発想の経営」です。

サラリーマンだった青年期に、目に見える「姿・形」の良否や、目先の「損得・好き嫌い」を最優先に生きてきた私が、長期闘病生活(結核3回・10年間)を経て、仕事・生活を失っていく被害者意識の中から初めて見えないものに「生かされている」こと、そして感謝の心を持つことで、「潜在している本当の価値」といえる「第2の力」が描けてくることを学んだのです。そして自然に学びながら、感謝の心を「形」にして提供することで、まわりの多くのお客様とつながり、共生していくことのできる「飲食の仕事」を選んだのです。子供の頃から食べることが誰よりも大好きだと思ってきましたが、何よりも大切な「生きる力」を学ぶことができました。

とうとう人生の折り返し点の「40歳」、初めて選んだ「飲食の仕事」で、お客様の代表となって、感謝・感動した心を大切に、「生きる力」を「安全・健康・元気の出るおいしさ」に込め、「さわやかへの道」を「第2の人生」としてスタートしました。

私たちも、やればできる!プラス発想で、牛肉・備長炭・お米などの自然の恵み豊かな「産地」を繰り返し訪ね、具現化をしてきました。その代表が、主力商品の「牛肉100%・炭焼きハンバーグ」です。私たちの仕事と生活の「安定・成長」まで、生きる力となってつながっています。

さわやかは、利便性や効率性を優先した「食べモノ」を売る店舗ではなく、安全・健康・元気の出るおいしさを込めた、「さわやか物語(モノ×コト)」を提供してまいります。さわやかになるオンリーワンの価値を、ワクワクする、ふるさとのレストランで証明です。

ページの先頭へ